保険 アリコ -Shinra Company- 森羅カンパニー どしゃぶりの後は晴れるさ 忍者ブログ
ネット弁慶のエリート
counter
プロフィール
社長:
森羅
職業:
専門学校生兼代表取締役社長
自己紹介:
ネット弁慶
Twitter
最新コメント
(09/09)
(09/01)
(08/05)
(08/04)
(08/04)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

当サイトの一部引用画像の著作権は各メーカー等に帰属します。
ブログ内検索
[185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月6日金曜日。
俺は曖昧な不安とともに目を覚ました。

ベットから立ち上がり、枕もとの時計を見つめ、まだ目覚ましが鳴る3分前だと気づく。
そこで一気に曖昧な不安は、確かな不安へと変化した。

「フッ…金曜ってのはこうにも暗くちゃいけねぇ…。明日の休みに胸躍らなくちゃならねぇ。」

外は雨だった。

台所のいつもの場所に座ると、お袋がいつものコーヒーを差し出す。
一口飲んで、思い出したくもない今日という日を思い出す。

テスト、レポート(やってない)、プレゼン。
ここまでくると悲しみなんてものはとっくに消えている。


俺の気持ち以外、何のへんてつもない朝はこうして始まった。


「行ってくる。」


傘を差し、駅に向かった。
いつも見慣れた人々が、心なしか今日は歩くのが早い。
みな、哀れな俺を見ようとしないようだ。
「所詮、俺は野良犬よ…。」


電車で数駅。
そこからは自転車だ。
いけねぇことだとはわかっている。
だが、今日だけはプレゼンの資料が入った鞄がある。
傘を差し、自転車を進めた。



「俺のことはどうでもいい…。鞄だけは…この鞄だけは守らなくちゃいけねぇ。」


降りしきる雨の中、傘で鞄だけを守り続けた。
学校の前まで、ほぼ濡れてなどいなかった。
俺の少しの油断は、悲惨な状況を招いた。


目の前を横切った幼稚園バスが、見事に俺に水しぶきを浴びせた。
夢と園児を乗せた、あの幼稚園バスが、だ。
俺は釈然としない、裏切られたかのような思いで、駐輪場へと向かった。


「俺にはお似合いの格好か…。なぁ?相棒。」


鞄へと呟いた。
俺もあいつもずぶ濡れだ。


初めの授業は軽く聞き流す。
俺は次にテストが控えている。


そしてテストの科目。
先生が配る問題に、俺の目が見開く。
狂ったように動き続ける俺のシャープペンシル。
激しい筆記問題の応酬だった。


すべての問題を解き終えたとき、俺の右手は既に使い物にならなくなっていた。


「とんだヘマをやらかしちまったぜ…。」


自分の言葉とは裏腹に、俺は落ち着いていた。
危機的状況は、朝から何も変わってはいないのだから。


昼休み。
一人孤独に弁当を貪る。
この休みは休みであって休みではない。
今日はやらなきゃあいけねぇことが多すぎる。

一人の男が俺に向かって歩いてきた。
ジェノバだ。

「シンラ。おめぇさん、そんな体で大丈夫なのか?」
「あぁ。俺は、俺のやれることをするまでよ。」

「フ…あんたってやつは。」
ジェノバは一つ笑みを浮かべてさっていった。


レポート。
午後1時15分〆切。
まだ何も書いちゃあいない。


俺は震える手でペンを取り、レポート用紙に数文字書き込んだ。


わかりません。



全力を尽くした俺に、後悔などなかった。


午後の授業も聞き流し。
プレゼンへと備える。
発表原稿などない。
パワーポイントも1時間もかけていない手抜きだ。
だが、やるしかない。

全てが白紙のまま、俺の発表は始まった。
飛び散る汗、振り上げる拳。
俺は力の限り説明しつくした。

終わったとき、俺には余裕すらあった。

先生が去り際、俺に声をかけた。
「よかったよ。」
「礼にはおよばないぜ…。」


そう言って俺は倒れた。


俺がその日、最後に見たのは綺麗な青空だった。



















※この物語は50%フィクション50%現実です。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
JENOVA吹いた
ぽぽ 2008/06/08(Sun)17:56:22 編集
無題
昼ジェノバがいたのは事実だけど
残念ながらセリフはフィクション
社長 2008/06/08(Sun)22:31:47 編集
無題
本当に言ってたらカッコヨスなのにな
まる 2008/06/09(Mon)18:16:42 編集
無題
「カッコヨス」なところは全部フィクション
社長 2008/06/09(Mon)20:46:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
「」